2010年11月5日金曜日

Did the FBI Invent the D.C. Bomb Plot?

以下の文章は、 Schneier on Security に掲載された記事の日本語訳であり、著者の許可を得て公開するものである。 

先週警察はFaroque Ahmed を、ワシントンD.C 地下鉄網においてテロを計画した容疑により逮捕した。しかし計画自体は彼のアイデアがどれほどを占め、どれほどをFBIが有料で提供している情報が占めているかは不明瞭である。

The indictment offers some juicy tidbits -- Ahmed allegedly proposed using rolling suitcases instead of backpacks to bomb the Metro -- but it is notably thin in details about the role of the FBI. It is not clear, for example, whether Ahmed or the FBI (or some combination of the two) came up with the concept of bombing the Metro in the first place. And the indictment does not say when and why Ahmed first encountered the people he believed to be members of al-Qaida.

警察はこの偽爆破計画を、地下鉄での荷物抜打ち検査正当化の理由にしている。(まぬけなアイデアだ)

これが思想犯罪の場合の問題となる。簡単ににかかってしまう。


追記 (11/4): The Economist ブログに同じようなことが書いてあった。




 元記事:Posted on September 6, 2010 at 7:24 AM